加藤

おだやかな人柄の中に 責任感と向上心を秘める人
加藤 製造部 2016年入社

加藤

おだやかな人柄の中に責任感と向上心を秘める人

加藤
製造部 2016年入社

仕事内容について

設計と、CAMを用いての機械加工のプログラム作成を担当しているほか、社内インフラの整備も行っています。

タイムに入社した理由

以前勤めていた会社から、タイムを紹介されました。前職はWEB制作で、設計やCAMは全くの畑違い。しかし、必要とされている場所で頑張ってみたいとの思いで転職しました。

仕事のやりがい、面白さ

加速器をはじめ、タイムが手掛けるのは多品種・小ロットの製品製造。加工には「決まった正解」などなく、製品に合わせて都度データを作成していかなければなりません。
作ったデータが製品の出来上がりに直結するため責任も大きいですが、「自分で試行錯誤しながら考える」という工程はとても面白く、やりがいを感じます。
また、失敗も大切な糧です。失敗経験から改善点を見出すことができ、より良い仕事に繋がっていることを日々実感しています。

タイムのこんなところが好き!

社内のスタッフとコミュニケーションを取りながら一つのものを作れるところ。
設計やCAMの経験がない中での転職でしたが、社内には上司や同僚に質問しやすい雰囲気があるので、不明点を聞きながら技術を身につけていけるのは安心でした。
まず自分で考え、行き詰まった時などに経験豊富な上司やスタッフに相談すると、自身にはない視点から的確なアドバイスをもらえるので心強いです。

今後、頑張りたいこと

抽象的思考力を鍛えたいですね。「こんなものを作ってほしい」という要望をただ具現化するだけでなく、より広い視野を持ってものつくりに携わっていきたい。「なぜ、これを作るのか?」とお客さまの意図や考えを掘り下げ、満足度の高い提案を目指します。